ダイビング旅行を組む

コーチとはどんな仕事?

コーチとはどんな仕事? ダイビングショップでコーチに当たる人は、スキューバダイビングでライセンスを取りたい人や、体験教室に参加した人を安全に指導したり案内出来るだけの技量を持っている事が求められます。
ですので、資格の上ではスキューバダイビングインストラクターの資格の保持者がなる事が一般的です。
ライセンスや旅行先で体験したいと思ったとして、その担当をするダイビングショップに、免許保持者が在籍しているか否かは必ず押さえておきたいポイントと言えます。
ちなみに、日本国内ではダイビングに関して法的な規制がある訳ではありませんが、オーストラリアの様にライセンスを持っていないとダイビングが出来ない国もあり、日本では現在30程の民間団体がそれぞれの基準で免許を発行しています。
それぞれの団体毎の免許もあるのですが、「各団体の要求水準を満たしている」という人向けという事で、Cカード制度もあります。
このカードを持っていれば、世界中何処のダイビングショップでも共通のサービスを受けられますので、コーチとして働きたい場合はまず、この資格を確保する事が最優先事項とも言えます。

ダイビングショップでダイビングライセンスを取得するには

ダイビングショップでダイビングライセンスを取得するには ダイビングライセンスを取得するなら、ダイビングショップに通って取得したいランクを受講する必要があります。
例えばオープンウォーターダイバーのライセンスを取得したい場合、スポーツクラブなどにあるダイビング専用のプールを使用して講習を受けることになり、実際に海に赴いて実践するダイビングショップも数多くあるので覚えておきましょう。
その際には、講習料金として学科・プール施設の使用料・海洋実習での指導料などがかかることになります。
また、日本国内の海で海洋実習を行う場合には、魚協が管理している場所でダイビングする必要があるので管理手数料・入海料が別途かかることになるでしょう。
指導団体によって教材の内容は異なってきますが、一般的にはテキストやDVDを使った学習をすることになります。
そして、オープンウォーターダイバーコースを受講する際には、選ぶショップによって価格が大きく変動することになりますが、平均的な相場で言えば総額5万~8万円程度は用意しておく方が無難です。

新着情報

◎2020/4/14

コーチとはどんな仕事?
の情報を更新しました。

◎2020/2/20

内陸のダイビングショップ
の情報を更新しました。

◎2019/12/24

参加している人が沢山
の情報を更新しました。

◎2019/10/25

海外のツアーに参加する
の情報を更新しました。

◎2019/8/30

メキシコの海を潜れる
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「ダイビング コーチ」
に関連するツイート
Twitter